MENU

血流改善!ふくらはぎのストレッチ

血流改善!ふくらはぎのストレッチ

072-966-8615大阪府東大阪市瓜生堂1-2-10エトワールビル-R瓜生堂104

血流改善!ふくらはぎのストレッチ

こんにちは、大阪府東大阪市若江岩田の池川整骨院の大谷です。

 

今日もブログへの訪問本当にありがとうございます。

 

 

今日は下半身血流改善につながるふくらはぎのストレッチについてお伝えしていこうと思います。

 

ふくらはぎの筋肉は太ももの筋肉や背中の筋肉と比較すると大きな筋肉ではないものの

 

重要な場所となってきます。

 

膝から足首に伸びている筋肉(腓腹筋)は膝を曲げたり、足首を伸ばすといった動作に関わります。

 

もう一つのふくらはぎの筋肉であるヒラメ筋は足首を伸ばす動きに関係しています。

 

この2つのふくらはぎの筋肉は走る、歩く、ジャンプするといった動作に貢献していて縁の下の力持ちのような存在です。

 

このふくらはぎの筋肉の硬さは、膝痛や腰痛の原因となります。

 

長時間の立ち仕事をしている人は硬くなりやすく、女性で高いヒールを履いているといった人はふくらはぎの柔軟性不足になりやすいので注意が必要です。

 

また、ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれていて、血液やリンパの循環にも影響が出てくると言われています。

 

 

 

 

 

ストレッチ1

 

両膝を肩幅に開いて立ち、左足を大股1歩分後ろに引きます。

 

両手は右足の太ももに置きます。

 

左足の踵をしっかり床につけて、体重をかけ、伸ばします。

 

ここで主に伸びているのは左足の腓腹筋です。

 

呼吸を止めずに30秒キープしてくださいね。

 

 

 

 

 

ストレッチ2

 

両足を肩幅に開いて立ち、左足を一歩分後ろに引きます。

 

両手は右足の太ももにのせ、左足の膝を軽く曲げ、踵を床につけて体重をかけ、伸ばします。

 

主に伸びるのは左足のヒラメ筋です。

 

呼吸を止めずに30秒キープしてくださいね。

 

 

 

 

 

ストレッチ3

 

正座をして、左足を立てます。

 

両手は左膝に添えます。

 

左足の踵を床につけたまま、上体を前に倒して体重をかけていきふくらはぎを伸ばしていきます。

 

主に伸びるのは左足のヒラメ筋です。

 

呼吸を止めずに30秒キープしてくださいね。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

デスクワークや座っている時間が長い方は、作業の合間やお風呂上りなどにこのストレッチを試してくださいね。

 

 

 

 

池川整骨院

当院で治療をご希望の方は

072-966-8615

までお電話下さい。

(LINE@からもご予約できます。)

LINEの検索画面で@vcn5688y

と検索をしてご予約下さい。

あなたの症状やお悩みを解決し、笑顔を作ることを施術によりお手伝いさせていただきます。


-----------------------------

(治療費)

1日3名様限定初回限定割引

税込2980円

(診療時間)

月、火、木、金

8時30分~12時30分 15時30分~19時30分

水、土

8時30分~16時

(休診日)

日、祝祭日

(住所)

〒578-0946

大阪府東大阪市瓜生堂1-2-10エトワールヴィル-R瓜生堂104

お車でのお越しの方はお近くにコインパーキングが複数ございます。

---------------------------------

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

池川整骨院への
ご予約・お問い合わせはこちら

  • お電話でのご予約・お問い合わせ

    受付/08:30~19:30 土日祝 8:30~15:00
    定休日/水曜日

    0729668615

  • メールでのお問い合わせ


    24時間受付中 今すぐお問い合わせください!

    メール予約

  • 予約優先制

  • 定休日水曜日
  • ▲土日祝8:30〜
    15:00
営業時間
08:30〜
12:30
15:30〜
19:30